このサイトは、子連れで海外(飛行機)旅行をする方のためのサポートサイトです。

ふわふわ育児と子連れ旅行
グアム
MENU
家族紹介
育児日記
海外子連れ旅行
  準備1(パスポート申請、受理
  準備2(予約、持物)
  空港(施設、チェックイン)
  機内(サービス、ポイント)
  現地到着(入国審査など)
  現地では(ホテル、その他)
  情報収集(日本、現地)
 
  便利グッズ お出かけ編
  便利グッズ ビーチ編1
  
便利グッズ ビーチ編2 

我が家の旅行記
  奈良
  ヒューストン(アメリカ)
  ホンジュラス(中米)
  エル パライソ(ホンジュラス
  鎌倉
  コマヤグア(ホンジュラス)
  コパン遺跡(ホンジュラス)
  ロアタン島(ホンジュラス)
  グイノペ(ホンジュラス)
  ラ エスペランサ(ホンジュラス)
  グァテマラ(中米)
  エルサルバドル(中米)
  メキシコ
  伊勢
  諏訪
  パラオ(ミクロネシア諸島)
  南伊豆
  グアム
  諏訪 2回目
  伊豆真鶴
  栃木那須
  横浜、油壺 
  伊豆伊東
  伊豆伊東2回目
  神戸、大阪

 

手作りおもちゃ
つっきーのお気に入り
写真館
ぐずった時
おすすめ絵本
掲示板
リンク集


 
滞在日数 機内に2泊 現地に3泊
子供の年齢 つっきー(3歳8か月)、やっくん(10か月)
目的 バカンス
持ち物 紙おむつ、水遊び用おむつ、粉ミルク、インスタント離乳食、おやつ、マグ、スプーン、フォーク、エプロン、着替え、上着、水着数枚、靴下、靴、サンダル、おもちゃ、絵本、薬セット(熱さまシート、解熱剤、体温計、ムヒベビー、)、日焼け止め、虫除けティッシュ、携帯蚊取り線香、帽子、タオル、デジカメ、ビデオカメラ、パスポート
移動手段 飛行機、バス、タクシー、レンタカー
感想

今回は、母方のばあばも一緒に旅行しました。子供が二人で、やっくんはまだ小さいので、ばぁばに来てもらうと何かと助かるし、母方のばぁばは、あまり海外旅行の経験もなかったので思い出作りも兼ねて近場のグアムへ旅行しました。乗り換えもないし、グアムまでは3時間半のフライトなので、とても近かったです。
 しかし、初日はやっくんが発熱で、ほとんどどこにも行けませんでしたが、みるみるうちに体力も回復したので二日目からは、とても楽しい旅行になりました。
 また、レンタカーを借りたので繁華街からは遠い安いホテルだったのに、移動を簡単にでき、私も運転して買い物へも、あちこちに自由に行けたのでとても満足しています。ちなみに、グアムのレンタカーは日本の車の免許があれば運転可能です。
 そして、もうひとつ楽しかったのは、何と射撃をしてしまいました!!初めて銃を持ったうえに撃ってしまいました。最初は怖かったですが腕はなかなかのもの?でした(嘘)
  今回の旅も大満足の旅。。旅行の準備が大変だったり、急なハプニング(発熱等)はありましたが、やっぱり旅行は楽しいのでやめられません!

1日目 (移動日:夜8時30分ごろの出国の便)

飛行機の中のつっきー。離陸前です。

まだ、離陸していないのに、ばぁばと二人で「もう飛んでるね〜」など、とぼけたことを言っていて笑えました。夜のフライトで外が暗かったので勘違いしたようです。

やっくんは、夜のフライトのため早々に就寝でした。初飛行機とは思えないほどの落ち着きでつっきーの初飛行機の時(大泣き)とは大違いです。
離陸後、しばらくしてシードベルト着用サインが消えてから、アテンダントがバシネットを装着してくれました。これまた、びっくりなやっくん。とても、初バシネットとは思えないくらい落ち着いて乗っています。というよりも、すっぽり収まっています。つっきーの時の、今のやっくんぐらいの月齢の時のバシネット利用時は、乗せると大泣きだったのでほとんど物置状態でした。やっくん万歳!!
つっきーは、ばぁばの横でシールを紙に張ったり、一本の鉛筆(ロウのようなものでできているもの)でディズニープリンセスのぬりえをしてご機嫌です。この日のために、飛行機の中でつっきーが退屈しないように、あらかじめ、おもちゃやさんで適当なものがないか物色して、機内用のおもちゃを購入しておいたのです。やっぱり正解でした。このぬりえははみ出しても、色が下の紙から出てくる仕組みなので、上手にぬりえができない年齢でも自分で上手に塗っているかのようにきれいに仕上がるのです。お勧めします!

バシネットの中から、右下に見えるパパのお手手を見ているやっくんです。機内で書かなくてはならないものがたくさんあるのでパパは大変ですが、やっくんは、そんなパパを「なにしてるのかな〜?」とバシネットを噛み噛みしています(笑)

この後、現地のホテルに着いたのは夜中の2時頃でした。フライト時間は4時間弱。日本との時差は1時間です。

2日目。

遅めの起床でしたが、やっくんが発熱中のため午前中の海岸ツアーはキャンセルしました。ツアーと言っても初日の海岸ツアー以外は全部フリーの日程なので自分たちに合わせて予定作りができるので便利です。やっくんの熱が早く下がりますようにと思っていました(^^;)

写真はホテルのプール(裏庭)につながる通路です。この右側にあるドアの部屋にはコインランドリーがあり長期滞在には便利です。我が家も3回くらいランドリー利用しました!!洗濯と乾燥は一回各1ドルです。

ホテルの1階の中華レストラン。ここは値段がとにかく安い!パパは味が少し薄いと言っていましたが、ママたちにはぴったりの味でした。大絶賛というわけではないけど、なかなかの味です。この安さでは大満足です。
ホテル裏庭にあるプールです。今回滞在したホテルは海から遠く歩いては行けない距離だったので子連れにはホテルのプールがありがたいです。すごく広いわけではないので、つっきーくらいの年齢にはぴったりです。足はつかないのでパパが抱っこしたり浮き輪を利用しました。もう少し大きい年齢になるとホテルターザというところにある巨大プールリゾートなどが楽しいかもしれませんが、つっきーには十分満喫できたプールでした。トイレもすぐ近くについています。
パパがレンタカーを借りてきてくれたので、ホテルからちょっと離れた繁華街へ移動です。上にもありますが、ホテルから、グアムで一番賑わう通りまではホテルから出ている一時間に一本のバスかタクシーを利用しなくてはならないのですが、今回の旅はレンタカー利用なので行きたいところへ自由自在です。もちろん、ママも運転しました。左のレストランはジャマイカ料理です。お肉が少し硬いような気もしますが、ボリュームは満点です。サラダに果物が入っていてトロピカルな味でした。

3日目(レンタカーでグアムの島を一周?)

レンタカーの中です。赤ちゃん(やっくん)はベビーシート着用しなくてはなりません。観光客でも罰せられます。べにーシートはレンタカー会社から無料で借りています。グアムは短期滞在の場合、日本の免許証があれば運転することができます。規則でレンタカーを借りる時に保険に入ります。保険に入らない人が運転すると事故があったときなど面倒なことになるので、保険に入っていない人の運転は避けましょう。

タモン地区から少し離れたところにある、パセオ公園です。パセオとはスペイン語で散歩という意味です。昔スペイン領だった時についた名前だと思います。

青い空が気持ちよかったです。

つっきー、気持ちよさそうですが、けっこう暑かったです(>。<)
つっきーの背後に見える像はニューヨークのボーイスカウトから寄贈された自由の女神像です。海を向いて建っています。

ベア・ロック(グアム東海岸にあります)

熊の横顔に見えると言われている岩です。確かにクマに見えなくないけど、微妙です。
  終戦してから数十年とグアムに潜んで暮らしていた旧日本軍の横井庄一さんが住んでいたといわれるタロフォフォが北上した地域にあります。

写真を撮り忘れましたが、このあとドクロのマークのアメリカンレストランで食事をしました。

恋人岬(タモン湾とイパオ岬を一望できます)

スペイン統治時代にスペイン人との結婚を反対されたチャモロ(現地人)のカップルがお互いの長い髪を強く結びあって身を投げたと言われている伝説の場所です。
  左に見える小高い場所へは3ドル払うと入れます。そこには、二人の愛を誓った札がたくさん飾ってありました。

このあと、しばらくしてウエディングドレスとタキシードを着た近くで結婚式をしたであろう日本人カップルがこの場所で記念撮影をしていました。お姉さん可愛かったな(*^0^*)

恋人岬にあったスムージー(アイス)屋さんの隣のお決まりの写真を思わず撮ってしまいました。左の女の子がつっきー、右がやっくんです。

アイスを食べながら芝生の上で休憩のやっくんとつっきー。やっくんは外の風を感じてご機嫌です。少し芝生がチクチクしたかな?

 

一度ホテルに戻ってからイパオビーチへ行きました。つっきーはグアムへ来て初海に大興奮。ママも実はとても楽しかったのです。久しぶりの海。しかもすごくきれいな海ではしゃいでしまいました。つっきーは日本から持ってきたミッフィーの浮き輪で浮いています。写真でもわかるように海の党絵メイドは抜群です。観光客が少ないからきれいなのです。
イパオビーチはグアムで一番にぎわっている場所からは遠く、砂浜は石があってゴロゴロして裸足では痛いので観光客はあまりいません。スキューバーダイビングの体験ツアーのような人たちと、現地人がいるくらいで左のようにガラガラでした。裸足だと足が痛いので、つっきーもママもサンダルを履いたまま海で泳いでいます。
やっくん。初めての海です。生まれて2ヶ月くらいの時に伊豆の海へ家族旅行に出かけましたが、その時はさすがに海水にはつからなかったので、今回が本当に初海水浴です。最初は海の冷たさに驚いてか大泣きでした(笑)
パパにしっかり抱っこされています。目がうつろ!?
つっきーの浮き輪に乗せてみました。普通に海に入るよりも、こちらのほうが海水につかる部分が少ないからか、気分よくゆらゆらしていました。つっきーが紐を引っ張ると言うことをきかないので、引っ張らせていますが、やっくんがいつ転覆するかわからないのでパパもママも近くで見守っています。

夜のレストランです。ママが「地球の歩き方」でチェックしていたお店です。グアムで一番賑わっているタモン地区にあるレストラン。その名も「プラネットハリウッド」です。ハリウッドスターのシュワルツネッガーをはじめ他のスターたちが共同出資したレストランです。

 

 

左写真手前はカクテル。なんていった名前だったかな?確か映画の名前がついていまいした。奥の細長い物がビールです。グラスが面白いですね。プラスチック製でしたが、パパはこのグラスだと飲みにくいと言っていました。ママも味見しましたが、形といい、プラスチックといいちょっと・・・・やっぱりガラスのコップのほうがいいです。

左の写真の大きい模型は「ターミネーター」のシュワちゃんです。血がついていたり、服も破けていたり、かなりリアルでした。つっきー最初はビビッて近づけず・・・。何とか写真を撮りました。

4日目

パパはスキューバーダイビングにでかけたので、別行動です。

つっきーとやっくん、ママとばぁば一行はマイクロネシアモールでお買い物を楽しみました。もちろん、行き帰りはママが運転するレンタカーなので、荷物が多くても問題なしです。なかなかグッドドライビングでした(^^;)

左の写真は、ボールが上から落ちてきて、いろいろな所へ転がり、また上に戻っていくというシステムで、教育テレビの「ピタゴラスイッチ」の大きいバージョンでした。
パパとママはこれとまったく同じものを神戸で見たことがあります。グアムにもあって驚きです。つっきーは初めて見たのでずーっと見ていました。

さて、夜のレストラン。中華系レストラン(地球の歩き方にも載っていました)

味は日本人好みの味でおいしかったです。ここで飲んだ青島(チンタオ)ビールが美味しかった!!

上のレストランの前の通りです。高い建物は高級ホテルです。夜なのに治安がいいからか観光客がたくさん歩いていました。

左の写真・・・何をしているかわかりますか?

上にある中華系レストランの2階にある射撃場で銃を撃っています。
パパは、以前射撃したことがあるようで大したことないなんて言っていましがた、ママは初めての体験。ばぁばも一緒に挑戦しました。撃った時の衝撃が強く体は引けるし、銃は重いし、一応ヘッドフォンはつけていますが、発砲音も大きく、ママは発砲の度に大声で叫んでいました。ばぁばはママの叫び声に迷惑そうでした(TOT)

5日目

グアムで一番観光客が多く訪れるビーチ→タモンビーチです。3日目に行ったイパオビーチよりも観光客も多いし観光客向けにパラソルや浮き輪を貸し出す小屋や、他にバナナボートなどを貸し出すところも多くありました。

左のつっきーが着てる水着・・・グアムで購入しました。3日目に泳いだイパオビーチにいた現地の2歳の子供が着てたもので購入場所を聞いてゲットしました。すごく便利です。おなかのところに水泳で使うビート板のような素材のものがついていてます。後ろにも付いていて水の中で浮く仕組みです。これを使うと溺れません。波が激しいと海水を頭からかぶりますが、そんなに激しい海では遊ばないので大丈夫です。

浮く水着着用で腕には浮き輪の腕輪を付けているので足のつかない所でも一人で浮いて楽しんでいました。もちろん、何かあるといけないので近くには必ず大人が一緒についていました。

左の写真はばぁばに抱っこされたやっくんと、休憩中のつっきーです。

左の写真の右側に見える大きなおもちゃ。これは、砂場で遊ぶようの遊具です。船の形をしていました。パラソルを借りる時に遊具の近くを選んで正解でした。遊具は無料で遊べます、つっきーは気に入ってたくさん遊んでいました。パラソルは15ドル位でレンタルです。3列になっていて、海の近くが割高で、離れると安くなります。

タモンビーチは高級ホテルがすぐ近くに立ち並んでいるビーチです。ホテルからそのままビーチに来る人も多いです。

我が家のホテルは格安でビーチからは遠く歩いて来れる距離ではないので、レンタカーでやってきました。無料駐車場が近くにありますが、満車で、パパは駐車場が空くまでしばらく車で待機してくれました。パパありがとう。

海は本当にきれいでした。でも、観光客が多いからかイパオビーチほど海の透明度はよくなかったです。海に入る波打ち際にサンゴや石がゴロゴロして足が痛かったですがイパオビーチほど石はありませんでした。ナマコは一つも見ませんでした。

強いて言えばビーチの近くに日本の海の家のようなものはなく、かき氷や軽食を食べたくてもレストランに入らないとないのが不便でした。まぁ、レストランで持ち帰り用にはしてもらえるとは思いますが、あまり手軽ではありませんね。

我が家はお昼は少し離れたコンビニでパパがおにぎりとサンドウィッチやうどんなどを買ってきてくれましたが、おにぎり・・・目が点でした。すごく硬くていつ握ったもの?というくらい不評でした。

最後にホテルの写真です。私たちが泊まった部屋の前の廊下です。なかなか小奇麗でした。
ホテル二階のロビーです。左に階段、奥の左にはエレベーターがあります。
所々にソファーやテーブルが置いてあるのでくつろぐには便利です。老人がぼんやり座ってくつろいでました。また、廊下やロビーはエアコンが効いているのでとても涼しかったです。
観葉植物も置いてあり、雰囲気はいいかんじです。
ホテル一階のロビーです。ソファーの奥がチャイニーズレストラン。ここは安くて味はそこそこおいしいです。繁華街よりもよっぽど安いのが魅力的。でも日曜は閉店なので、ちょっと痛かったです。
左が入口で右がフロントです。右奥がホテルの売店で、ここの売店は便利でした。サンドウィッチやお酒、そのほかお土産やビーチサンダルなど売っていて、ちょっとしたものを買うのには便利です。おつまみも日本製のものが多かったです。
さて、いよいよホテルの部屋の中です。キッチンがついています。部屋中央部にシャワーとトイレ、洗面台の部屋があり、その奥にベッド、手前入口付近にテーベルとソファがありました。キッチンはコンロなどはありませんが、電子レンジがありました。ミルクのお湯を作るには電子レンジでミネラルウォーターを温めてミルク用にしました。
部屋のドアを入ってすぐにソファーがあります。このソファーはベッドにもなるソファーでした。
シャワーの奥がベッドルームです。シングルベッドが二つのツインの部屋です。右はテレビと鏡台。奥がクローゼットです。窓の外は中庭で、小さい中庭を挟んで向かいの部屋の窓なので、決して景色が良いわけではありませんでしたが、そんなに気にならなかったです。廊下を挟んだ向かい側の部屋は景色がこの部屋よりも景色は良いと思います。
シャワールームです。ここもお湯も出るし何の不満のありません。高級ホテルには劣りますが、途上国暮らしをしていた私たち家族にとっては、グアムの格安ホテルは全然きれいで、むしろ過ごしやすいくらいでした。
右に見えるのがドアで、左はダイニングテーブルもあり、ここで子供たちに軽く食事をあげたりするのに便利でした。写真を撮り忘れましたが、ホテルでベビーベッドも貸してくれて部屋におくことができました。ハイハイしたてのやっくんを隔離するには便利なベビーベッドでした。
朝早い便のため、空港への移動も夜中に等しい時間帯です。つっきー最初は半分寝ていましたが、空港に着くと元気です。
おととしに、パラオ旅行した時にトランジットした時、グアムの空港で4時間くらい飛行機待ちをしました。その時に、写真を撮った場所で再び写真を撮りました。

最後に飛行機の中です。今回の旅もそれはそれは大満足の旅でした。レンタカー移動で島一周もしたし、買い物も心行くまで楽しんで海で泳いで、つっきーも満足だったんじゃないかと思います。ホテルは、インペリアルスイートホテルと近年に改築し、オーナーも中国系に代わったいうホテルで、事前にインターネットで調べていた情報だと、かなり不評のホテルでホテルに到着するまで、どんな「やばい」ホテルなんだろうと緊張しましたが、ネットの情報よりも遙かに良いホテルで、コインランドリーも便利だったし、プールもついていたし、ネットの不評は?と少し疑問なくらいです。ただ、グアムで一番の繁華街からは遠いので、一時間に一本出ている、ホテルからのバスに乗れないと大変ですが、我が家はレンタカー使用だったので移動は楽だし、言うことなしでした。

いつもの決まりごとのようですが、旅行って止められません(*^0^*)

 

 

 

このページの一番上へ戻る▲


ご意見・ご感想・お問い合わせはこちらへ
Copyright (c) 2005 ふわふわ育児と子連れ旅行 All Rights Reseved.

since 2005.8